2020年3月18日水曜日

【3月・4月】各イベント中止のお知らせ。


きがるにつながる町田の会より、お知らせです。

SNSでは、3/22(日)祥雲寺で開催される寺フェスに参加する主旨の発信をしておりました。

また講演会御礼の記事でも、4/25(土)交流会を予定しているという発信をしておりました。

しかし世間ではコロナウィルスの問題により、数々のイベントや交流会などが自粛されており、それは現在も継続されております。

私達も地域の交流をメインで活動しているため、同じく自粛せざるを得ない状況です。
そこで慎重に協議をした結果、4月までに予定していた日程を全て中止するという結論に至りました。

 5月以降の活動においては、引き続きSNSやホームページを通してお知らせ致します。

皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、ご了承下さい。
また今後とも、私達の会を応援して頂けますと幸いです。
宜しくお願い申し上げます。

2020年2月25日火曜日

2/22講演会の、ご報告と御礼。


先日の講演会では来場して下さった皆様、欠席でしたが温かいメッセージを下さった支援関係者様、本当にありがとうございました。


また講師を引き受けて下さった3名と、会場のお世話をして下さったスタッフも、本当にお疲れ様でした。


来場者様の中には、遥々と飛行機で北海道からお越し下さった方もおられて、開催者側としては正直驚きましたが、同時にそれほど関心の高い講演だったのだなぁと感じました。



肥後未来スクールCEO・野澤翼さんの講演では、
不登校になった経緯、起業したきっかけや現在までの活動報告、これからの教育のあり方、SNSからの質問に応えるユニークな形での自己紹介や、不登校問題に関わる方々へのアドバイスなどを発信して下さいました。



和光大学・高坂康雅教授の講演では、
町田市の不登校の現状や支援の形に対する課題を訴え、和光大学を通じた不登校親子のための多彩な支援や数々の活動実績これからの教育のあり方などを分かりやすく発信して下さいました



きがるにつながる町田の会・代表:藍葉真澄さんの講演では、
自身が受けた壮絶な虐待経験を踏まえて子育て支援の必要性を訴え、支援グループを立ち上げた経緯や活動報告、これから予定している様々な支援活動などを発信して下さいました


3名の講師それぞれが、工夫された様々な支援やビジネスを用いて子ども達へのサポートを行っている事が分かる、とても貴重な講演となりました。
後半のディスカッションでは、不登校児童がいる親御さんの切実な悩みから、講師だけでなく来場者様の中からも専門的な意見やアドバイスを出して下さった方々が見受けられました。


ディスカッション内容としては、主に不登校児童が陥るゲーム依存や引きこもりの対策案、発達障害を持つお子さんへの対応、民間団体が支援活動をするにあたっての心構えや、運営に関する相談機関など、様々なご意見、アドバイスのやり取りがありました。


講師の意見、アドバイスの一部には、


野澤さん:『町田市で支援活動をするには、まず【町】をよく知る事。子育て世代のニーズや特色を理解する事から入ると良い。』


高坂さん:『支援する側にとって一番大事なのは【支援側の限界】を理解して、それを支援を受ける側に前もって伝える事。』


藍葉さん:『親御さんから支援者まで、子ども達のそれぞれの【特性】をよく調べて、よく理解する事が大事。』


など、とても現実的であり具体的なメッセージを頂きました。




そして当日は【J-COM】様が取材に訪れて下さいました。
講演の様子や、講師や来場者様へのインタビューも収録して下さいました。
※本日、放映されました。


そして4月25日(土)13時~17時、町田市の祥雲寺にて『これからの子育て支援に向けての交流会』を予定しております。
こちらも後日、ホームページにて詳細をお伝え致します。

皆様のご参加、お待ちしております。


この講演会をきっかけに、子ども達への支援がより良いものへと進展しますように。


私達の活動では、これからも沢山の挑戦をして行き、進化させて参りたいと思います。


これからも皆様の温かい応援と、活動へのご参加をお待ちしております。




【きがるにつながる町田の会・一同】


2020年1月20日月曜日

アートワークで子育て支援\(^o^)/

こんにちは☺️
きがるにつながる町田の会代表の藍葉です✨子ども虐待防止活動の1つとして、アートワークで子育て支援を実施していきたいと思います✨

子育て中は生活がどうしても子ども優先になりがちです。
イライラ😡⚡️したり、疲れすぎて泣きたくなったり😭大変ですよね。

そんな子育てを頑張っている皆さんを少しでも癒せたらと思います。

2020年1月16日鶴川市民センターにて、ひよこまめ(多胎児ママの会)のママさんにぬり絵セラピーを体験していただきました。

今後も他の市民団体さんと連携して活動してまいります。

アートワークやってみたい☺️という子育て中の方いましたら、きがるに声をかけてください🎵


2019年12月19日木曜日

講演会のお知らせ



きがるにつながる町田の会HPをご覧頂き、
誠にありがとうございます。


講演会開催のお知らせです。


来年の2/22(土)12:00~16:00
町田市民文学館ことばらんど・大会議室にて、

『和光大学・高坂教授と、きがるにつながる町田の会による共同企画』

~子ども達の未来を守る~

【不登校児・被虐待児のための支援策講演会2020】

が開催されます。

※定員108名、大人のみ会費500円です。


『不登校問題』と『虐待問題』の支援策を同時に話し合う、
前代未聞の講演会です。

なぜこの2つの問題を講演会で同時に扱うのか、
疑問に思われる方が多数いらっしゃると思います。

2つの問題を同時に解消していけるという閃きが、今までの活動の中で私達は見つけました。


現状の不登校問題や虐待問題に目を向けると、
十分な学習支援や、安心して過ごせる空間を提供出来ていないという、社会的な課題があります。

その中でも経済的に困惑している環境の子ども達は共通して、
大人達の様々な事情で普通の生活すら送ることが出来ないほど、不利益な状況を強いられています。

この課題を越えるために、あらゆる分野の方々のご理解やご協力が必要だと考えます。

いま子ども達の未来を考えている方は、この講演会にとって必要であり貴重なメンバーです。

2020年の新時代、『貴方の力』が必要です。

社会の暗い片隅に追いやられている子ども達のために、
行動を起こして行きませんか?


特別講師には、熊本県より肥後未来スクールCEOの
【野澤翼さん】をお招き致します

野澤さんは、現役の不登校児童であり、
中学3年生の社長でもあります。
野澤さんの不登校体験談は、現代の子ども達の
抱える問題を分かりやすくクローズアップします
また彼が生み出した、子ども達のための画期的なスクール運営術も必見です。

そして町田市からは、多彩な不登校支援を手掛けている和光大学の【高坂康雅教授】。

そして虐待問題の支援に取り組んでいる、きがるにつながる町田の会・代表の【藍葉真澄さん】が登壇致します。


この3名を囲んで、会場の全員で
支援策を打ち出して参りましょう。


※不登校支援や虐待支援を行っている方や団体様は、
お手数ですがHPへ参加表明のメールをお送り下さい。
当日、会場の皆様へ団体名や活動内容などの
ご紹介をさせて頂きます。


一般の方は、申込み不要です。



当日は一人でも多くのご参加を、お待ちしております。
講演会の開催関係者一同より、宜しくお願い申し上げます。




◎会場のご案内↓

町田市民文学館 ことばらんど
〒194-0013 東京都町田市原町田4丁目16−番−17号
042-739-3420
https://maps.app.goo.gl/tHqVTyrUjJnNjQPa8 

2019年11月27日水曜日

はじめまして。

きがるにつながる町田
代表:藍葉 真澄
職業:アート療法士、似顔絵師、メンタルヘルマガジン「こころの元気+」ライター

幼少期に心理的、身体的虐待を受け、その後遺症により20年以上もうつ病、対人恐怖症等様々な症状を抱えながら生活しています。

「自分のような思いをする子が1人でも減って欲しい!」

そんな思いから2019年8月に当団体を設立しました。

地域とのつながりを大切にしながら講演会や当事者会等を開催しています。
虐待被害当事者として講師の依頼も随時受け付けております。

ブログ:https://ameblo.jp/19331978/
twitter:https://twitter.com/PYC1ggxXu9g4OA8
こころの元気+:https://www.comhbo.net/?page_id=21413